お客様から頂くご質問をまとめました。

よくあるご質問

 

Q.カラーべスト屋根の塗装をしないで30年も放置したらどうなるか?

A.
塗装が必要な屋根は、カラーベスト屋根と金属トタン屋根とセメント瓦屋根です。
金属トタン屋根は、塗装を定期的にしないとサビてきますから、必ずする必要があります。
セメント瓦屋根は、瓦自体は、どれだけ塗装がはげてきたとしても、それが原因で水が侵入する恐れは少ないと考えられますから、美観のために塗装をする面があります。

 

さて、問題のカラーベスト屋根ですが、30年近くも放ったらかしで、コケまるけにも関わらず雨漏りは全くないというケースもあります。

 

これは、カラーベスト屋根の構造に関係があります。

カラーベストの下には、必ず防水シートが張ってあります。この防水シートが破れない限り屋根の下地木材に水が浸入することはありません。いわば、この防水シートをしっかりと守る役割をしているのがカラーベストだと言ってもいいと思います。

 

30年経っても水漏れしないのは、この防水シートが頑張ってくれているからなんです。それなら、別に美観さえ気にしなければ塗装なんて必要ないとも思われますよね。

 

しかし、一旦そうして放置していた屋根で水漏れが発生した場合は、防水シートそのものの全面張替が必要となってきますから、結局は全面屋根工事をやり替えることになります。

 

定期的にカラーベストの塗装を続けて、常に美観を保ちつつ防水シートを守るか、
完全に寿命が来るまで放置し続けて、全面屋根工事をするか
という2つの選択肢があるということです。

 

ですから、質問のように、30年間放置しても、美観さえ気にしなければ何ら問題は発生しないということも、十分に考えられますから、どう判断されるかだと思います。

 

 

 

Q.工事期間はどれくらいかかるの?

A.
工事着工から、完成引き渡しまでは最低でも8日から2週間くらいかかります。
足場設置に1日、洗浄や下地処理に2-3日、下塗り1-2日、中塗りと上塗りで3-4日、最後のチェックに1-2日、足場撤去に1日という感じです。

しかし、雨の日には工事が出来ませんから、工事期間が延長することは考えられます。

 

この工事期間より少ない場合は、少なからず手抜きが疑われます。
2人でわずか3日で塗装工事が終わった場合は、必ずどこかの工程が省かれています。

ですから、工事期間をチェックするだけでも、しっかりとした工事かどうかは判断できます。

 

 

 

Q.二外壁塗装は吹き付けとローラー塗り、どっちがいいのか?

A.
「吹き付けの方が隅々まできちんと塗れるのではないか?」と言う方がいますが、
それは逆です。
吹き付けとローラーの違いは、次のようになります。

 

■吹付塗装→ 塗料を霧にして飛ばしてくっ付ける

■ローラー塗装→摩擦によって直接塗料を乗せてゆく

 

つまり、吹き付けは、飛散してしまう塗料が多く、すべてが塗られません。
ロ―ラーは、無駄に飛び散ることがないので塗料の無駄がありません。

 

同じ分量の塗料を施工した場合には、明らかに吹き付けの方が実際の壁に付着する塗料の厚みが薄くなるということです。半分くらいだとお考えください。

 

また、吹き付けは、「複雑な形の建物」や「壁面自体に凹凸が多い建物」は苦手です。
さらに、近隣への塗料の飛散被害も考えられますから、最近主流になっているのはロ―ラー仕上げ塗装です。

 

 

 

Q.ー番最初の塗り替えは早いほどいいと聞いたけど本当?

A.
これは、外壁の素材によって判断が別れます。
出来るだけ早い方がいいのは、新築時に吹き付け塗装がしてある場合です。

 

一般的に、新築時は、「ガン屋」といわれる吹き付け専門の業者が施工することが多く
たいていの「ガン屋」は下塗りも仕上げも吹いてしまいます。

 

ローラーでも塗れる仕上げ塗料を吹き付けで施工する場合には2回吹いて
ロ―ラー1回分程度の厚みしか付かないのは前項でお話しした通りです。

 

塗料の膜の厚みが薄いということは、耐久性や防水性においても影響があるわけですから、
早めに、ロ―ラーで厚い塗料膜を作っておくのは、次回の塗装工事までの期間を延ばすことにもなります。

 

新築時の壁が、サイディングなどのように、素材そのものに最初から塗装してあるような場合は、10年を目安に定期的な塗装計画を立てるのがよろしいと思います。

 

 

 

Q.水性塗料は、溶剤型塗料(油性)に比べて性能が落ちるの?

A.
塗料には「水性塗料」と「溶剤塗料」がありますが水性塗料は水で薄めることができる塗料で、溶剤塗料はシンナーで薄める塗料です。

 

現在では「塗料の水性化」が進んでいます。

 

溶剤系はどうしても臭いがしますし、人体への影響もよくありません。
塗料そのものの性能は、主な材料である樹脂が決めますから、「水性だから弱い…」というのは間違いです。

 

 

 

Q.ご近所に迷惑をかけたり、苦情が出たりしませんか?

A.
次の3点がしっかりしていれば大文夫です。

 

①工事開始前のご近所へのご挨拶

工事前に、近隣で迷惑がかかりそうな全ての家に挨拶をしておけば、余程のことがない限り大文夫です。
業者だけでなく、施主さんも同行挨拶がよろしいと思います。

 

②塗料の飛散防止対策

  • ・基本的に足場には必ずメッシュシートで養生します。
  • ・風の強い日などは極力作業をしないようにします。
  • ・必要に応じて自動車のビニールカバーをご用意いたします。

 

③現場賠償共済への加入

何も無いに越したことはありませんが・・・

  • ・工具が落下して通行人に怪我をさせてしまった。
  • ・隣のお宅の車に塗料が飛散して汚してしまった。

 

等々万が一の事故に備えて現場賠償共済に加入してある業者が安心です。

 

工事中のトラブルで、その後の近隣関係が悪くなっては悔いが残る工事となってしまいます。

 

その他、塗装職人の投げタバコなどのマナーの悪さも施主さんへの評価となってしまいます。
現場施工管理の行き届いた業者での工事がなんといっても安心です。


© Goen Kogyo All rights reserved.